逆子治療・
安産
当院では、リラックスして治療に専念できるように心掛けています。
美顔鍼
本来の美しさを取り戻す美顔鍼
Acupuncture
痛くない、安全で安心して治療をおこなえるような工夫をしています。
お灸 Moxibustion
リラックス効果・鎮痛効果・血行の促進や抵抗力を高めてくれる作用があります。

逆子治療・安産

長野鍼灸治療院

逆子治療のご案内

逆子と診断された妊婦さんは、どうしても気が張ってしまいます。その影響で、お腹の張りも強くなり逆子が直らない状態になってしまいます。当院では、リラックスして治療に専念できるように心掛けています。

逆子治療・安産
逆子患者さんの来院状況
逆子治療
逆子患者さんの来院状況
当院に来院する逆子の患者さんは、妊娠28週で逆子と診断され、逆子体操を一定期間したけど直らなかった患者さんばかりです。だいたい、常時10~20(人/週)ほど来院されています。 逆子は、お腹が冷えていたり、緊張して硬くなった状態にあります。そのため、お腹の状態を改善させないままに逆子体操しても直りません。もし、逆子体操するならば、鍼灸治療でお腹の状態を改善しながらのほうが直ります。 赤ちゃんは、休みなしでどんどん大きく成長してくれるため、お腹の余裕もどんどんなくなり、帝王切開の日をむかえてしまうこともよく聞く話です。 1日でも早く治療を開始することで、出産するための準備をする余裕もできます。安心して、無事出産するために、逆子と診断された日から逆子治療を始めましょう。

どうやったら
逆子が治るの?

実際の逆子治療では、まずお腹の張りや冷えをとるための治療をおこないます。 妊婦さんが、心身共にリラックスすることで体の緊張がとれ、赤ちゃんの動きも活発になり、自分で正しい位置に修正してくれることもあります。 当院での鍼灸治療では、主にお腹の張り、冷えをとるために三陰交(さんいんこう)というツボを刺激します。刺激するといっても、痛い刺激をするのではなく、足の疲れも取れて気持ちいい刺激に感じると思います。
三陰交(さんいんこう)
三陰交(さんいんこう)

内くるぶしから指4本ほど上のところにあるツボです。主に、子宮、女性ホルモンを整えてくれるツボで、逆子では一番大切なツボとなります。

髪の毛ほどの細い鍼の頭にお灸をしてゆっくり心地よく温めることでお腹が楽になって、赤ちゃんがモゾモゾと動き始めるのがわかると思います。

逆子を直すのによく使うツボとして、至陰(しいん)というツボがあります。
至陰は、昔は使われなかったツボですが、近年の研究では、至陰は、赤ちゃんに関係するツボということがわかってきました。実際に、ここ数年、当院で至陰を使うようになってから、改善率が飛躍的にあがりました。

足の小指の爪の生え際にあるツボです。お灸であたためることで、赤ちゃんが回るためのきっかけをつくってくれます。お腹の状態が改善された患者さんでは、治療中にグルッと回って直ったのがわかるくらいです。

至陰(しいん)
至陰(しいん)

とにかく1日でもはやく
治療しましょう!

逆子は、妊娠28週、29週、30週と週を過ぎるごとになおりにくくなります。病院の治療と同時進行でも構いません。1日でも早く治療し、安心して出産予定日を迎えるようにしましょう。

まずはお電話ください

坐骨神経痛・腰痛等でお悩みなら

Sciatica

坐骨神経痛の治療法としては、飲み薬、注射、湿布などの貼り薬、塗り薬で処方される鎮痛薬や、マッケンジーなどの運動療法、温熱療法、低周波や遠赤外線、レーザーなどの電気光線療法、痛みに対しての認識をかえていく認知行動療法、そして鍼灸治療があります。このような治療法のなかで、患者さんの負担なく、副作用もなく本当に痛い部分、悪い部分に対してピンポイントで効率よく治療を行えるのは鍼灸治療だけです。 当院のスタッフは国家資格を持っており、施術も経験豊富なので、患者さんそれぞれの症状や体質に合う最適なオーダーメイドの治療を行うことができます。肩こり、腰痛、五十肩、ねちがい、ひざの痛みなどお気軽にご相談ください。特に、ギックリ腰や慢性的な腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛脊柱菅狭窄症で腰や足の痛み、しびれにお悩みの方はご相談下さい。 また急なギックリ腰やめまいなどで動くのが大変な場合、ご自宅への往診もいたしますのでお気軽にご相談ください。

鍼灸治療

Acupuncture and Moxibustion

美容鍼

鍼 Acupuncture

痛くない、安全で安心して治療を行えるような工夫をしています。
お灸

お灸 Moxibustion

リラックス効果・鎮痛効果・血行の促進や抵抗力を高めてくれる作用があります。

坐骨神経痛・ギックリ腰・
脊柱管狭窄症​などに
鍼灸治療は効果があります

体の状態が冷えているのか、硬く緊張しているのか、逆に軟弱になっているのか、一部の組織が炎症反応を起こしているのか、患者さんの主な訴えと関連する部分はあるのかなど把握したうえでその日の体の状態に合わせたツボに鍼灸治療を行います。 鍼は髪の毛と同じくらいの太さ0.14mmほど、痛くない、安全で安心して治療をおこなえるような工夫をしています。 お灸は、火が直接肌に触れないものを使用していますので、火傷やお灸の痕が残る心配を極力減らします。 お灸にはリラックス効果だけでなく、鎮痛効果、血行の促進や抵抗力を高めて体を強くしてくれるといった様々な作用があります。また、鍼治療の後にお灸をすることで、治療効果が持続する作用もあります。

専門外来

Specialized outpatient

坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、腰から足先にかけてつながっている坐骨神経が・・・・・
腰痛

ギックリ腰

一般的には、読んで字のごとく、不意に「ギクッ」と音がした・・・・・
脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の症状は、間欠性跛行(かんけつせいはこう)という・・・・
若々しく健康な、あなた本来の肌を取り戻すために美顔鍼を・・・・・
椎間板ヘルニア

ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰の位置にある背骨(腰椎)の間に・・・・・
分離症

分離症・すべり症

腰椎分離症とは、腰の位置にある背骨(腰椎)の椎弓と・・・・・

ヘルニア・分離症・すべり症・逆子・不妊治療についてはお手数ですが、直接お問合せください。

坐骨神経痛・腰痛の
事なら
長野鍼灸治療院
にご相談下さい