本文へスキップ

坐骨神経痛|長野鍼灸治療院は亀岡市にある腰痛・神経痛治療専門鍼灸院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0771-23-5088

〒621-0851 京都府亀岡市荒塚町2丁目4-17 2F

坐骨神経痛ischialgia

坐骨神経  

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛

 坐骨神経痛とは、腰から足先にかけてつながっている坐骨神経が、さまざまな原因で痛みやしびれがあらわれる症状のことです。

 坐骨神経の坐骨とは、椅子に座った時にぶつかるお尻の骨です。この骨のすぐ横を通る神経なので坐骨神経といいます。


坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛坐骨神経痛

 坐骨神経痛は、中高年の男女に多くみられますが、原因となる病気によっては10代、20代からもあらわれることがあります。

 一般的に坐骨神経痛と訴える患者さんは、お尻が痛く、お尻が痛いから「坐骨神経痛は鍼で治りますか?」との問い合わせがあったり、初診の問診で訴えます。しかし、坐骨神経は、お尻だけでなく膝の後ろのあたりで枝分かれして足の前と後ろに走っているため、坐骨神経痛の症状として、お尻や、ももの後ろ、スネやふくらはぎ、つま先までの一部あるいは全部の痛みやビリビリと感じるしびれがあらわれます。

 坐骨神経痛の症状は、動くと痛みが強くなったり、夜寝静まると強くなったりさまざまで、お風呂などで温めると楽になる傾向にあります。


坐骨神経痛の治療

 坐骨神経痛の治療法としては、飲み薬、注射、湿布などの貼り薬、塗り薬で処方される鎮痛薬や、マッケンジーなどの運動療法、温熱療法、低周波や遠赤外線、レーザーなどの電気光線療法、痛みに対しての認識をかえていく認知行動療法、そして鍼灸治療があります。

このような治療法のなかで、患者さんの負担なく、副作用もなく本当に痛い部分、悪い部分に対してピンポイントで効率よく治療をおこなえるのは鍼灸治療だけです。


診療について

1.坐骨神経痛の問診

 当院では、まず患者さんから坐骨神経痛だけでなく体の気になる症状、どんな時に気になるのか、症状が悪化する状況などの内容をうかがって、原因を突き止めます。
その後、現在の状況のご説明、治療内容と今後の方針を極力わかりやすく説明させていただき、患者さんにご納得いただいてから治療に入ります。

男性では、社会的立場、環境、生活習慣を考慮し、女性では、どの年代においても女性ホルモンの関係、女性ならではの症状としてあらわれます。そのため、どんな症状でも、女性ホルモンとの因果関係があるのか確認する「問診」をとても大切に考えています。


2.坐骨神経痛の検査

 問診後は、坐骨神経痛の影響でどのような症状を感じるのか、原因が何なのか確認するための検査をします。
また、動脈瘤や尿路結石、便秘、盲腸や腸炎など要因があるのかも把握しなければなりません。
 症状によっては、すぐ病院に行き処置をしなければならない病気が潜んでいることもありますので、治療前の大事な作業です。また、脈を診ることで、自律神経の変化や生理周期の変化も読み取ることができるため確認します。

 検査項目は、西洋医学的な徒手検査に加え、東洋医学的な診断もおこないますので、脈をみたり、お腹の状態を確認したりすることもあります。単純に、デスクワークやスマホの使い過ぎによる頭痛、日本女性特有の「なで肩」「猫背」から重心がずれておこる坐骨神経痛なら、治療と同時に姿勢を気を付ける必要があります。


3.坐骨神経痛に対する鍼灸治療

 問診と検査等の後は、ベッドに横になってリラックスしていただいた状態で治療を開始します。

 体の状態が冷えているのか、硬く緊張しているのか、逆に軟弱になっているのか、一部の組織が炎症反応を起こしているのか、患者さんの主な訴えと関連する部分はあるのかなど把握したうえでその日の体の状態に合わせたツボに鍼灸治療をおこないます。鍼は髪の毛と同じくらいの太さ0.14mmほど、痛くない、安全で安心して治療をおこなえるような工夫をしています。

 お灸は、火が直接肌に触れないものを使用していますので、火傷やお灸の痕が残る心配を極力減らします。

 お灸にはリラックス効果だけでなく、鎮痛効果、血行の促進や抵抗力を高めて体を強くしてくれるといった様々な作用があります。また、鍼治療の後にお灸をすることで、治療効果が持続する作用もあります。


4.吸玉療法

腰痛の吸玉療法

カッピング(吸玉)は中国の民間療法の一つです。
カップの中を真空に近い状態にして皮膚に吸着させ、体の老廃物を吸出し、
血流や代謝の循環を改善させる治療法です。


主な作用としては


  • 有毒物を皮膚面から排泄し、表皮の再生力と抵抗力を増します。
  • 皮膚に与えられる陰圧によって、毛細血管の刺激に反応し筋肉内の血管が拡張します。
  • 鬱血(うっけつ)や充血を取り去り、リンパの循環をよくします。
  • 関節内の血行よくして、滑液の分泌をうながします。
  • 皮膚の知覚神経に直接刺激を与えますが、吸圧した部分だけでなくその神経系の分布領域にまで痛覚過敏抑制の効果が及ぶことが認められています。

などがあります。
最近では、スポーツ選手の中にもカッピング療法を取り入れている選手も多数います。


5.電気・光線療法

 坐骨神経痛は、基本的に温めたり、動かすなどの刺激をすることで症状が楽になりやすい傾向にあります。いわゆる冷えの状態です。そのため、鍼や灸に加えて、より血行を促すため、運動不足を解消するために電気治療を併用する場合があります。目的はカッピングと似ています。

 電気治療というと「ビリビリ」という痛いイメージが先行しがちですが、実際には眠ってしまうような心地の良いごく微弱な電流を流す程度です。

この治療は体の表面にある皮膚や筋膜、筋肉を刺激して血行を促すものですので、妊娠中の方などでも問題なく受けていただけます。肩は、頭を支えている首の付け根にあり腕や肩甲骨も支えています。

鍼灸治療の後に電気刺激をおこなうことで一気に全身の血行が良くなり、腰だけでなく、足まで軽くなった、便秘まで良くなったなど変化があらわれます。症状の軽減だけでなく再発も予防することができます。


オンライン予約
電話予約
長野鍼灸院ブログ
Twitter
インスタグラム
フェイスブック

Nagano A&M Clinic長野鍼灸治療院

〒621-0851
京都府亀岡市荒塚町2丁目4-17 2F
TEL 0771-23-5088